カフェ・ド・セントロのブログ

カフェ・ド・セントロのブログ 3 「カジューアミーゴ」

Boa tarde! Tudo bem?
ブラジルではカーニバルが終わったようですね。夏のリオを目前に、ジカ熱や治安のニュースがよく取沙汰されるようになってきました。
確かに、そういった不安要素はありますが、そこで生活している人たちがたくさんいるわけで、ブラジルのよいこと、数々の魅力も、たくさん取り上げてくれると、うれしいですね。


さて、話は変わりますが、ブラジルにはカジューといわれるジュースがあります。
一体、何のジュース??
と、思われる方。

カジューは、カシューナッツの実の部分をジュースにしたものです。※ブラジルでは[CAJU](カジュー)と発音しています。
はて、カシューナッツの実の部分?と、思われる方もいらっしゃるはず。

ブラジルで初めてカジューフルーツを目にしたときは、びっくりしたものでした。これが、あのカシューナッツなの?!と。
ナッツ類の中でも、カシューナッツは大好きなのですが、どんなものなのか考えたこともなかった私には衝撃的な"カタチ"でした。
林檎をひとまわり小さくしたような果肉の上に、カシューナッツがポンッと、のっている。果肉の色は絵具でそのまま塗りつけたかのような、赤か黄色。 下のイラストでは分かりにくいかもしれませんが、一見、造りものみたいな、かわいらしいフルーツなのです。

見た目はとてもかわいらしいフルーツですが、果肉はそのまま食べても、お世辞にも美味しくない。
とにかく渋いだけ。 ジュースとしてしか出回っていない理由も納得です。

カジュージュースの色は黄色、独特な匂いがあり、後味に渋みが残ります。そのため、好き嫌いがある飲み物だと思います。
当店での取り扱いはないのですが、ブラジル食材を扱っているショップでは見かけることができますので、気になる方はどうぞ、お試しください。

カジューアミーゴ


〝カジューアミーゴ(caju amigo)〟
カジューアミーゴは、カシャッサ(さとうきびのお酒)をカジュージュースで割ったお酒。カジューの果肉もつぶして混ぜ入れています。
日本ではまだまだお目にかかれないカジューフルーツですが、ブラジルへ行かれた際は見つけてみてください!

Ate a proxima!


2016年2月15日